結婚披露宴を行う意味とは?

多くの男性、女性の憧れである「結婚披露宴」
人生において重要な式典であり、他人同士であったカップルが晴れて一つの「夫婦」の形に変化する一大イベントでもあります。
入籍後にするべきことの一つとして、結婚披露宴を事前に計画・準備されているカップルも少なくないでしょう。

この結婚披露宴を行う最大の意味は「人生のパートナーを両親や親戚、
友人たちに披露し、二人で生きていくことを了承して貰う」ことであると思います。

ふつうのパーティと違って両家の親戚や友人を呼ぶわけですから、
盛り上がりの中にもどこか緊張感があり、両家の親戚同士や友人達が打ち解けながらもとても神聖な式となります。
また新郎新婦の二人は身内や知人から祝われることで、
夫婦としてしっかりやっていかなければと自覚や責任感を新たにします。
それが結婚披露宴の最大の意義だと思うのです。

そして披露宴は女性にとって人生でもっとも美しく輝くイベントでもあります。
愛する夫とともに式に臨み、 華やかなドレスや着物を着て多くの人から祝われることほど、
女性にとって幸せな瞬間はないでしょう。
それなりにお金をかけて式を挙げるのですから、
自分が主役である間は高級で華やかな雰囲気にたっぷり酔いしれるというのも、
女性が披露宴に憧れる理由の一つかもしれません。

披露宴を「親戚一同や自分たちへのけじめ」と捉えるもよし、
あるいは「人生最大の式典」と捉えるもよし。

実際、夫婦がふたりで一つの大きなイベントを行うというのは大変な作業です。
費用をやりくりし、式場決め、披露宴の規模や誰を招待するかなど、
お互いに協力し話し合うことによって夫婦の絆はさらに深まることでしょう。

最近では披露宴を行わず簡単な食事会程度にとどめたり、
自宅やレストランなど小規模に披露宴と称するパーティを行うカップルもみられるそうです。
形やあり方は着実に変化していますが、
どのような形式であっても「挙げられて本当によかった」と思える披露宴にしたいものです。