結婚披露宴のメリット・デメリット

長く不況に悩まされている現在の日本経済。
そのあおりを受け、晴れて入籍を済ませたカップルのなかにも結婚披露宴をためらうケースが増えてきています。
確かに結婚披露宴は気軽に開けるイベントではありません。
高額な費用がかかり、また家族や親戚、友人や会社の上司もゲストとして迎えることがありますから、メリットやデメリットをしっかりと押さえておく必要があります。

まず、結婚披露宴のメリットについて考えてみます。
結婚披露宴は正しく表記するなら「結婚式・披露宴」の事です。
式を挙げて晴れて夫婦となり、夫婦となったことを祝うことではじめて結婚披露宴が行われたと言えます。
式を挙げて神聖な気持ちで真実の愛を誓い、新郎新婦がお互いに夫婦であることを簡単に諦めないと決意を新たにします。
つまり、結婚式を行ってはじめて自覚が芽生えるのです。

女性としては、純白の(もしくは好きな色、デザインの)ウェディングドレスを身にまとい、
指輪を贈られるという最高のシチュエーションを体験できますから、純粋に祝われている、自分が主役になることへの楽しみもあります。招待者に祝われるだけでなく、「親を安心させる」「親戚への対面を保つ」などの意味においても、結婚披露宴は重要な役割を果たすといえるでしょう。

デメリットについては、まず第一に「ご祝儀が回収しきれない」という問題があります。
人によっても出してくれる金額はさまざま。
会費制にする場合を除いて、ご祝儀は人それぞれの判断に任せることになります。
そのため、盛大に披露宴を行っても「元が取れなかった」という結末にもなりかねません。
そのため、過度な期待はせずある程度の諦めをもって結婚披露宴に臨む必要があります。

そして、結婚披露宴には様々なトラブルがつきものです。
具体的には予定していた通り式が進行しない、ゲストに何らかのトラブルが発生するなど。
予想もつかない事態が起こり得るのが結婚披露宴です。
何が起こっても「人生最大のイベントだから楽しもう」という気持ちを持って、メリットとともに事前に色々な情報をリサーチしておくことで、安心して式に臨むことが出来るのではないでしょうか。

このページのトップへ