地域ごとに違う結婚披露宴の形態

夫婦の一大イベントである結婚披露宴は、式場にかかるお金や食事の費用だけで8割はかかると言われています。
そこに色々なオプションをつけるだけでもかなり頭が痛いのですが、実は結婚披露宴を行う地域によって式の費用は随分違うのです。

まず、結婚披露宴の費用の平均は大体360万円くらい。
これはあくまで平均値であり、披露宴を食事会にする、お色直しをしないなどして費用を削っていくと、360万円を大きく下回りかなりの節約になることは言うまでもありません。
この360万円は全国的に見たときの平均値であるので、安く済ませる地域がある一方で、400万、あるいはそれ以上お金をかける地域もあるというわけです。

結婚式の費用でよく話題になるのは、北海道の会費制結婚披露宴です。
決められた金額を受け付けで渡すので、誰もが同じ金額を支払うことになりますがそのぶん「いくら払おう」と考えなくて済むので、気軽に披露宴に呼ぶ、呼ばれることができます。また、結婚式の際に遠方から来る方へお車代や宿泊費を出さないのが普通です。
これは北海道ならではの合理主義に基づいた考え方であり、道外に住む人から見れば風変りに映るかもしれません。

逆に、東北地方や九州地方などでは結婚に際して親戚を多数招待し、遠方からの招待客にも惜しみなくもてなしを行う必要があるため、必然的に必要経費が多くなるという特徴があります。様々なオプションをつけ、結婚「式」としてけじめをつけ、親戚一同にしっかり見届けて貰うことが多いそうです。絆というものを古くから重んじている、地方ならではの地域性がうかがえるかと思います。

首都圏は、様々な地域の人間が暮らしているぶん、かかる費用はまったく異なります。
自宅で挙げる結婚式もあれば、遠く海外やリゾート地を選ぶカップルもいるようですが、親の意見を参考にしたり、まったく自分たち夫婦が主導で好きなように段取りをつけていくこともあります。
このように地域ごとの特色を比べてみるというのも、同じ日本の中なのに違いが垣間見えてなかなか面白いものです。

このページのトップへ