旅館で披露宴を挙げたいときは?

ホテルで行う結構披露宴に物足りなさを感じている方におすすめなのが旅館での結婚披露宴。
旅館というといかにも地味な雰囲気ですが、実際の進行はどのようになっているのでしょうか? 基本的に旅館での結婚披露宴は、挨拶状や案内状などを手作り感のある質素なものです。

「結婚披露宴を行うために温泉へ招待客を招いて、夕飯とお酒を楽しみながらお祝いし、その後で温泉にゆっくり浸かり、疲れを癒してお帰りいただく」というコンセプトが基本。
新郎新婦が主役でありながら、ゲストについても満足してもらえるというメリットはとても大きいです。
結婚披露宴のあとで慌ただしく帰宅し、またすぐ元の生活に戻るような慌ただしいものでは決してありません。
温泉を備えた「旅館」ならではの魅力が、ここに詰まっています。

旅館ともなれば式場はお座敷タイプの宴会場が主流。
もしも椅子テーブルを備えたレストランが旅館にあればそこで行うこともできるようですから、事前に下調べをきちんとしておきたいところです。
夫婦だけの判断で決めなければならないので、招待者全員が満足するような旅館を選ばなければなりません。
現地に行って下見をさせて貰ったり、宴会でのお食事、お酒の種類、部屋は和室か洋室か…など色々と考えるポイントは多いです。

心ゆくまで宴を催した後、温泉に浸かって寝る。
これ以上の喜びはありません。
疲れを翌日に持ち越さず、スケジュールにも都合をつけて余裕をもって列席していただけるため、「お食事が美味しかった」「温泉にも入れた」「しっかり寝られた」と、総合的に満足度の高い式にすることが出来るのです。

旅館ですので、ホテルのような豪華さはありません。
あくまで質素に、目立ち過ぎないながらも家族一同がお祝いの気持ちを新たに出来るのです。
ゆったりと式を進めていけるので忙しくなりすぎないですし、新郎新婦にとっても余裕を持てるので、ホテルでの式はマンネリ、と考えている方は旅館での披露宴を検討してみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ