素敵な披露宴をあげたい!

多くの人にとって一生に一度となる結婚披露宴は、せっかく挙げるのですから素敵なものにしたいですよね。
年老いてからも感動をそのままに語れるような、満足度の高い披露宴にするためには、
まず費用から式の全体像を描き、式場をしっかりと吟味するところから始めたいところ。

そもそも結婚披露宴は結婚式を挙げたうえでさらに行う「宴」です。
もしも資金に余裕があるならば、結婚式ではずみをつけて披露宴はさらに豪華にいきたいところです。
式の規模を広げたり食事の質をランクアップすることもできますし、
引き出物にお金をかけることもできるでしょう。

結婚式では指輪の交換なども含めて結構な費用がかかるため、披露宴は簡素化したいという意見もみられます。
披露宴にお金はかけたくない、もしくはカツカツであるという場合は、
あくまで自然体な、オリジナル性にこだわった宴にしてみるのはどうでしょうか。
小さな式場、レストランや自宅など、場所は小さくても中身で勝負する方法は思い出に残りやすく、自分たちで考えて宴を催す楽しみもあります。

お料理が大変美味しいお店や、腕によりをかけて自分で料理をこしらえるのも良いでしょうし、
披露宴を夫婦だけでなく参加者全員で作り上げる形式にするなど、
考えによってはふつうの披露宴以上に楽しく盛り上がる宴になるかもしれません。

また、男性にとっての「素敵な宴」と女性にとっての「素敵な宴」には違いもあると思います。
新郎にとっては神聖で荘厳な雰囲気の披露宴にしたかったつもりが、女性はとにかくゴージャスで派手な空間を演出して欲しかった…などのような違いなどがあっては、いざ式に臨んでみたときに「こんな披露宴になるなんて!」のようなネガティブな感想を抱いてしまう可能性もあります。

特にオリジナル色の強い披露宴を計画している際は事前に夫婦でしっかりと計画を立て、式の段取りや余興についても入念な準備をしていく必要があるでしょう。

このページのトップへ