結婚披露宴とは?

結婚披露宴とは、そもそもどんなものなのでしょうか?
よく結婚式と混同される方がいるのですが、実際には披露宴は結婚式の後に行われる宴であり、
晴れて夫婦となった二人が多くの招待者の目にふれる「お披露目の場」でもあります。
ある程度楽しく盛り上がれるような空気が許されますから、神聖で荘厳な結婚式とは違った役割を担います。

最近では、結婚式だけ行って披露宴はどこかでささやかにパーティのような集まりを開く場合や披露宴のほうに結婚式を一本化するなどの新しい動きもみられます。
このご時世、お金に余裕がないうちの方が多いんだからどちらか一方になるのも仕方がない、と言ってしまえばそれまでですが、実際はこじんまりとした空間で内輪だけで開く披露宴の方が親睦が深まり、結果として皆の記憶に長く残るようなケースもみられます。
必ずしも結婚式と披露宴をたて続けに行って、どちらも豪華なものにする必要はないのです。

また昔とは違い披露宴の場所や方法などは非常に多様化しています。
以前であれば海外で挙げる結婚式がもてはやされましたが、現在は披露宴自体が自宅で行われたり
ペット同伴が可能な式場テーマパークで披露宴ができるなど、ニーズが多様化したことでより広い視点で自分好みの披露宴を計画できるようになりました。

ある一組の男女が「夫婦」になったからには、もう普通のカップルではありません。
長い一生をともにしながら、どんな時も助け合える大切なパートナーになるのです。
式を挙げて夫婦として結ばれた後は、夫婦になったことを肉親や知人、普段顔を合わせない遠方の親せきを含め多くの人に知って貰う必要があります。
特に人と人のつながりが希薄になりがちな現代社会では顔合わせの機会として結婚披露宴が重要な意味を持っているとも考えられます。

楽しく盛り上がるイメージの強い披露宴ですが、
実際は人の一生の中でも大切なイベントであり、欠かすことのできない大切な式典なのです。

このページのトップへ