披露宴の前に必要な準備

人の一生のなかでも重要な結婚披露宴。
披露宴前には、夫婦で必ずしておきたい準備があります。
ウェディングプランナーや担当者とも相談しながら、
少なくとも以下の項目についてはしっかり準備しておいたほうが良いでしょう。

①披露宴にかかる費用を見積っておく
②式場を決める
③招待する人を決定する
④当日の段取りを把握する

①の費用見積もりについては、最初からこれだけ出せると額を設定しておかなければ、ドレス代や食事代などで色々とかさんで来ることが予想されますから、最高でもここまでは出せる上限額を設定しておくことが重要です。
予算を決めずに披露宴を計画していると、最終的にこんなにかかるの!?と揉める可能性もあります。
最初から最後までスマートに、そして楽しくプランニングしていきたいものです。

②については、式場は借りずに料亭やレストランなど食事会形式のプチ披露宴ができる場所もあります。
まずはどこで披露宴を行うか、夫婦同士でよく話し合って決めていく必要があるでしょう。
どちらか一方の意見だけ押し通すのではなく、出来るだけ両方のニーズを満たしている場所を探したほうが、きっと満足度の高い披露宴になるはずです。

③の招待客の決定は、必ずといっていいほど披露宴について回る問題。
親戚もどこまで呼ぶか、友達はどうするかなどの問題がありますし、家族の中でスケジュールが合わず来られない人が出てくるおそれもあります。特に遠方に住んでいる兄弟や家族で、さらにお仕事なども持っている方はいきなり披露宴をすると言われても困ってしまうでしょう。
呼ぶ側の都合なども考えたうえで、誰を呼ぶか検討しなければなりません。

④の項目については、やはり当日の段取りをしっかりと把握することが重要です。
ドレスやお色直しなど自分達のことだけを考えていては、式は独りよがりなものになってしまいます。
プランナーさんに任せっぱなしでも安心はできますが、やはり式を行う当事者として内容をしっかり把握しておくことがベストといえます。

このページのトップへ